目尻のしわが出来てしまう原因とすぐにできる対策とは

ふと気が付くと目尻や涙袋にいつの間にか細かなしわが出来ていることがよくあります。顔のしわは、普段からスキンケアを入念にしているような人でも、徐々に目立ってきます。ファンデーションを塗った時などに目尻にしわがあると顔が暗い印象になり、年齢も高く見られてしまいます。

目の周りはしわができやすい薄い皮膚で覆われていますので、スキンケアをしていてもしわは増えてきます。目の近くは、毎日アイメイクを施す人が多いことから、皮膚への負担が大きくなりやすく、クレンジングによって乾燥もしやすくなります。

アイリムーバーで目の周りの皮膚を擦りすぎたり、洗顔後にタオルで顔を拭きすぎることなども、肌へのダメージの原因になっています。また、目の周りの筋肉の衰えによって、目尻のたるみを生むことも、しわが増える原因と考えられます。アイメイクをしなけば目元の皮膚への負担はある程度減りますが、社会人であればそれも難しいため、対策を立てなければいけません。

目尻は皮膚が薄いため、化粧水や乳液などをつけていても、吸収率が悪く、乾燥を引き起こしやすい部分です。美容液で顔全体をパックしたり、ジェル状の美容クリームで目の周囲を厚めに覆ったりして、目元の皮膚の保湿力アップを目指しましょう。

皮膚をキープする表情筋をより強くするために、普段使っていない表情筋の筋肉を使う運動をしましょう。目尻のしわ対策には、乾燥を防ぐために美容液でしっかりと保湿を行なうこと、そして、たるみを防ぐために目の周りの筋力を保つことが大切です。

アヤナスのクリームはしわにも効果的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です